省スペース(動作領域)space

フジエースは、限られたスペースを有効活用するために、円筒座標型にする事で、省スペース化を実現しております。

円筒座標型(フジエース) 極座標型
▲円筒座標型(フジエース) ▲極座標型
積付けに不要なエリアがあれば、ハード的なストッパーで動作領域をカットし、省スペースにしても安全を確保する事が出来ます。
パレタイズに必要な動作領域のみの為、最小の設置スペースにする事が出来ます。
パレタイズに必要な動作領域は四角の部分です。極座標では、この四角の外側に不要な動作エリアが存在します。その結果、動作領域の外側に安全柵を設置する為、大きな設置スペースが必要となります。

EC-51
▲EC-51
EC-102
▲EC-102
EC-171
▲EC-171
EC-201/201W
▲EC-201/201W